2006年05月18日

「ごめん、愛してる」放送開始!

昨日17日(水)から話題の韓国ドラマ「ごめん、愛してる」放送が

テレビ東京で始まった。日本語吹き替え版を創ってきてどこまで

表現出来ているのか不安だったが、初回の放送を観てちょっとホッとでき

た。とりあえず役の雰囲気は掴めている・・・と、自分では、自分では、自

分では思えた・・から・・(優しい反論は受け付けます)。いや〜、これか

らの展開を自分もドキドキしながら観ていくんだろうなぁ・・・。

しばらくは色んな意味でお昼の時間を楽しめそうだ!
posted by taku at 02:30| Comment(18) | TrackBack(0) | 吹き替えなコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日放送の第2話も見ました!!見ていて思ったのですが、吹き替えの声と本人が喋っている韓国語が本当にバッチリタイミングが合うんですねぇ!!英語などの吹き替えは結構違っているので、ああ、日本語と韓国語はとっても似てるんだなと思いました。余談ですが、悲しき恋歌のミンホの声も桐本さんですよねぇ!!そのドラマも今再放送してますよねぇ!!それも見てます・・。
Posted by NAO at 2006年05月18日 17:08
NAOさん。
今回役者陣は、極力向こうの芝居と自分の芝居をマッチさせることに集中して吹き替えに臨みました。文法的に両国語が似ている事も幸いしているのかと思います。兎に角、違和感なく観てもらえているなら嬉しいです。『悲しき〜』のミンホは情けない悪者なので好感持てないかもしれませんね。自分的には嫌いではなかったんですが。

Posted by taku at 2006年05月18日 21:58
でも、私は最終回のミンホが車の中で泣いているシーンで泣きましたよ。何かグッと来たんですよね。そんなに悪者じゃなかったんだなと思って。
Posted by NAO at 2006年05月18日 23:26
NAOさん。
そうそう、あのシーンはジ〜ンときましたね。ミンホ、イイじゃん・・って思ったのを思い出しました。あの役者さん好きですよ、僕。チャンスが有れば別の役の時また吹き替えてみたいです。
Posted by taku at 2006年05月19日 22:56
こんにちは^^私の住む地域では「ごめん、愛してる。」は見れないのですが、同じSOJISUB氏ファンから救いの手が!今日、見せていただきました。かなりなSOJISUB氏ファンの私です。本当にムヒョクの声は大変だったろうと思います^^;
桐本氏の声でこれからムヒョクがどんな成長をしていくかがものすごく楽しみになってきました。
*^^*
Posted by aquamarine at 2006年05月21日 16:38
aquamarineさん

ありがとう。
ソ・ジソブの芝居はとても素晴らしく、吹き替えも大変やり甲斐がありました。担当させてもらったことを感謝しています。日本語版のこのドラマを違和感なく楽しんでもらえらば幸いです!
また、感想等聞かせて下さいね。
Posted by at 2006年05月22日 00:49
明日は第3話放送ですねぇ!!実はもう、全部ドラマは見てるんですよ。DVDで。でも、大好きなドラマって本当に何回見ても良いですよね。泣けるシーンは何回見ても泣けるし、そういうシーンがこのドラマにはホント多くあるな〜と実感しています。毎日見えるから、ホント嬉しいです。
Posted by NAO at 2006年05月22日 01:46
私の地方で放映されるのを楽しみに待ちます^^
ムヒョクは、相対する人それぞれで間の取り方から、トーンの高さまで違うので大変だったろうな〜って思ったんです。私が1番気になるセリフは
「神様・・あなたが本当にいるのなら・・・」と「ごめん、愛してる。」でしょうか。。他に気になるセリフを言い出すときりがないので^^;
Posted by aquamarine at 2006年05月22日 18:00
aquaさん
(略称)ですみません。

僕は「メシを食うか俺とキスするか・・」一連の台詞は好きですね。
Posted by taku at 2006年05月23日 03:48
takuさん、そのセリフのシーン私も大好きです。思わずPCの前でうんうんと頷いてしまいました(^−^)で、一番気になるのは、やっぱり最終回のお母さんとのやりとりの所ですねぇ。気になる〜(><)
Posted by NAO at 2006年05月23日 11:14
ミサ廃人です。3月に偶然ごめ愛のDVDを見てすっかりジソブシファンになりました。2ヶ月以上たってもDVDを毎日見ないとダメです。(初見は2日で見終えました)
残念ながら、TVは見れない地方です。ダイジェスト版で見ただけなので桐本さんのお声は頭に十分入っていません。(すみません)
私がいちばん好きなシーンは、ユンの家の前で自分もあなたの息子だと叫ぶシーンです。自分が完全に否定されたという怒りより愛されたいという気持ちが痛いほど伝わり何回見ても涙が止まりません。
今回TV放送が見れなくて残念ですが、次の機会を楽しみに待っています。
Posted by バイオレット at 2006年05月23日 22:42
バイオレットさん

そのシーンは自分も熱くなりました。めいっぱい思いを込めて叫びました。

8月2日、DVD販売・レンタルが開始されます。観て下さい。それとこれは裏情報ですが、多くの地方局もこのドラマの放送を計画しているそうです。全国で放送されることを期待してます。
Posted by taku at 2006年05月24日 03:11
お返事ありがとうございました。
実は、娘がアニメ大好きでアニメの声優さんをよく知っています。アニメの内容よりどの声優さんが担当する方が気になるようです。(今年社会人になったのに恥かしいです)ゲーム世代のせいかゲームとPCとアニメが大好きで困ります。(笑)
桐本さんがごめ愛のDVDの吹き替えを担当されるということなので、DVDが発売されたらゆっくり見させていただきます。(予約済みです)
ムヒョクを演じなかったら、ジソブシをこれほどすごい俳優さんだと理解できなかったので、ジソブシを知っていただくいい機会になると思っています。
Posted by バイオレット at 2006年05月24日 07:57
takuさん(こう呼ばせていただいてもOKですか?) 皆さん こんにちは。
aquaさんへの お答えで、ムヒョクのセリフありましたね。「僕は「メシを食うか俺とキスするか・・」一連の台詞は好きですね」と。
このセリフは、やはりインタビューで、ジソブさん自身が名セリフとして答えていました。今はこんなに簡単に言えるけど、当時は本当に胸が締め付けられるような悲しいセリフでした・・・SJ
と言うことは、takuさんと同化し始めていることでしょうか?演技者としての彼、声で演技する者としてのtakuさんが、私はこの作品の中で近くなっていると感じています^^
字幕は字幕として、吹き替えは吹き替えとして 個別の作品として見ていきたい。 また、吹き替えで、初めて「MISA」に会う視聴者には、桐本ムヒョクがinputされるわけですから、いかがでしょうか?
Posted by 水蜜 at 2006年05月24日 23:38
takuでOK。フランクにいきましょう。

TEST、頑張ってね!
Posted by taku at 2006年05月25日 03:39
おはようございます!初めまして^^
このブログに初めて来ました!
私もソ・ジソブの大ファンですが、毎日吹き替え版楽しみに見ています^^
本場韓国のソ・ジソブfanの方々にもダイジェスト等で声を聞いてもらいましたが、韓国の方々が「声が合っている!」とても好評です^^
ブログ読ませていただいて、takuさんが精一杯吹き替えをして頂いている気持ちが伝わって、とても嬉しかったです^^
Posted by yuria at 2006年05月25日 06:47
takuさん、初めまして! jisubssiに魅了されまくりの「さなぼむす」と申します。

私の住む地方では、今回のミサは残念ながら放送されませんが、神奈川に住む叔母に録画を頼んであり、放送終了後に遅ればせながら吹き替え版を見るのを楽しみにしています。

今回の仕事はtakuさんもご苦労されたのでは?
彼は独特の雰囲気があり、間合いや息使い、眼の動きなど、言葉で表現出来ない部分での芝居が
とても素晴らしい役者さんなので、そういった所を含めtakuさんはどのようにムヒョクを表現されたのか、とても興味深々です。

桐本ムヒョクssiは私の事をjisubssi同様、涙の海に沈めてくれるのか・・・
DVDの到着を指折り数えて待っているさなぼむす
でした。

Posted by さなぼむす at 2006年05月25日 10:15
さなぼむすさん。

ソ・ジソブの演技は本当に良いです!吹き替えている時も、もの凄く色々なことを想像させらて兎に角、楽しかった!個人的にですが、彼の「演技の質」がジョニー・デップと似ているなぁと感じました。

yuriaさん。

いや〜、ありがとう!韓国の方々にOKもらえたのは本当に嬉しいです!「イメージだけは壊すまい」と気張った甲斐があった・・・、かな?


Posted by taku at 2006年05月26日 02:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17959996
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。