2006年05月22日

桐本からの質問

海外ドラマの日本語吹き替えを観て下さる視聴者の皆さんへ、桐本から個人

的な質問
があります。頂いた意見を自分の役作りに生かしたく思いまして。

気楽に忌憚のない意見を聞かせて下さ〜い。

・『観ていて違和感、つまらない』を感じる時、

どうしてそう感じるのでしょうか?

なにが原因だと思いますか?

・どの様に作られた作品を観たとき、

『これは面白い!良い!』と感じますか?


(個人的な役者の誹謗中傷はご遠慮下さい)
posted by taku at 17:31| Comment(37) | TrackBack(0) | 吹き替えなコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まずは、吹き替えうんぬんの前に多くのシーンがカットされてしまっていることで、つまらないと感じてしまいます><そのドラマを1度も観たことがなければ、それも有りでしょうが・・・。どうしても、何故?このシーンカットなの!?って頭の中に出来上がってるドラマと観ているドラマが繋がらなくなるんです。あとの違和感は、その俳優への思い入れの深さでしょうね^^;
Posted by aquamarine at 2006年05月22日 18:07
やっぱりaquamarineさんと同じで、カットされるシーンが多いと、違和感を覚えますね!!あれ?
って思います。先に本編を見てるから、そう思うんですけどね。何も見ずに放送を見れば、何とも思わないと思います。次にこの作品は面白いな、最高だなって思うのは、その作品が持っている雰囲気を壊さずに違和感なく見えれば、見てて面白いな、良いドラマだなって感じます。現に今日の放送のあるシーンで泣いてしまいました。これこそ、違和感なく見てるという証拠ではないでしょうか??
Posted by NAO at 2006年05月23日 02:00
aquaさん、NAOさん

コメントありがとう。なるほど、同感ですねぇ。
ただ、シーンカットは制作者側も辛いところみたいです。局放送の場合、番組制作がスポンサーシステムの上に成り立っている以上CMを流す時間が絶対必要な訳で、決まった時間枠の中では必然内容をカットせざるを得ない。「ごめん〜」の場合も同様、ディレクターも局もシーンカットは相当悩んで、作品を壊さぬよう配慮していました。んん・・これは改善し難い問題だなぁ・・・。

aquaさん、「その役者への思い入れ」とは画面に‘出ている役者’ですよね?「実際の声」と「吹き替えられた声」のギャップに違和感を感じるんでか?「芝居のギャップ」?

NAOさん、「雰囲気を壊さない」ように吹き替え版を作ることは大事ですよね!壊して作り替えてしまったほうが良い作品も確かに有るんです!が、視聴者不在、制作者の主観のみで突っ走って作ってしまう作品もあり、自分も?と思うことがあります。「作品が持つ雰囲気」を壊さない、大事ですよね!僕もそれはとても気をつけています。
Posted by taku at 2006年05月23日 03:38
おはよ〜!今青年座のHPから桐本くんのHPに遊びにきたら「ごめん、愛してる」の文字がっ!!!だってね、今韓国にいるの。それも「ごめん、愛してる」のソ・ジソプのファンでチェ・ユンの家も見てくるのよ〜。ジソプは「バリでの出来事」でも好きだし、ま・5作品は見てるわ〜。でね、吹き替え版が始まったのは知ってたけどイメージが崩れると思って見てないの。でも桐本くんがやってるなら見てみるね。そしてまたここにも遊びに来るよ〜。
日本に帰ったらロケ地写真HPにアップするから見てね〜
Posted by あずさ at 2006年05月23日 13:59
こんにちは、はじめまして。
ごめん、愛してるが地上波で放送されてうれしいです。
カットシーンは確かに残念なのですが、私は別物と思って見ているのでそういう意味では違和感はないです。
日本で吹替えになるドラマで違和感を感じるのは、画面を見ないでいると、まるでアニメか洋画を見ているような感覚になるときがあります。台詞を読んでいるのがよくわかるというか・・・
そういうものだと思えばそれまでなのですが、実際の俳優さんの表情やしぐさに応じた台詞と違って、その感情表現がちょっと物足りなかったり、逆に大げさすぎると感じることがよくあります。

欲を言うなら、たとえ吹替えでも、台詞を言っているひとが目の前で演技をしているその人だ、と感じるくらいその演技に沿った表現であってくれれば違和感を感じないかもしれません。

字幕がめんどうで吹替えを見たいという人もたくさんいると思いますので、吹替えドラマの質がどんどんあがったらいいなぁと個人的に思います。
Posted by yuri at 2006年05月23日 17:57
はじめまして。
「ごめん、あいしてる」を吹替えの方で見ています。(深夜には字幕版が放送されているようですが)

本来日本語が好きな私は、字幕版より吹替えの方を選ぶことが多いのです。特に韓国語は長時間耳にしていると疲れてしまうものですから・・・。

で、結構あります、違和感。それはご本人と声質・トーンが違う・・・ということではありません。やはり、演技力!!これに尽きると思います。ご本人は表情・動作等でも補えると思いますが、声優さんはホントに大変だと思うんです。なにしろ声のみで表現しなくてはいけないのですから・・・。アニメにしろ、洋画の吹替えにしろ、最後に命を吹き込むのは声優さんだと思っています。

逆に楽しかったのは、映像・音楽・演技力がバッチリだった時です。
Posted by 久美子 at 2006年05月23日 21:00
もちろん、私自身がSOJISUB氏のファンであるということと、自分の記憶の中にSOJISUB氏の声がもうすでにインプットされた状態で観るのですから^^;しかも、SOJISUB氏が話す日本語まで記憶の中にありますから、彼の顔から違う声が聞こえたら違和感を感じてしまうでしょうね。。。
でも、吹き替えをした場合今度は逆に声だけで表現をしなければならないからすごいことだと思います。いつか、私の住む地域でも放映されたら桐本氏の芝居を楽しませていただきたいと思います!!*^^*
Posted by aquamarine at 2006年05月24日 02:11
海外ドラマの場合(アメリカドラマ)は、吹き替えが多くて最初からそっちに慣らされるているのであまり感じません。古くはER〜最近のサードウォッチ6シリーズまで吹き替えを見ていましたが、逆に字幕版を見た時「違う」と感じたほどです。韓国ドラマの場合、最初に字幕で生声を聞いてしまうことが多いので、地上波で放送が開始される時は自分の見た印象が頭の中に台詞の隅々までわかっている状態です。だから、声優さんが本当にがんばって吹き替えをされても、「別ドラマ」と感じてしまいます。この状態で見続けることは、かなり努力が必要です。(フジ系の放送はそう思いました)
Posted by バイオレット at 2006年05月24日 08:19
はじめまして!
「ごめん、愛してる」、吹き替え版・字幕版、両方見ています。既に本編は全部視聴済みなんですが、吹き替え版でも泣いてしまいます。最初は吹き替えはどうなのかな?と心配でしたが、ドラマが始まると、すっかり感情移入して見入ってます。

ただ、違和感を感じるのは、例えば、役者が走ってる時の息切れとか、普通に歩いてる時だって、微妙な息づかいや、声の抑揚の違いはあると思うんです。それが吹き替えだと、全部ハッキリ聞こえてしまい、「ああ、止まったまましゃべってるからかなぁ」と、ついアフレコを想像してしまうことがあります。
例えて言うなら、口パクで歌ってる歌手のような感じでしょうか。

これは、「ごめん、愛してる」で特別感じたことではなくて、今まで放送されたドラマで思ってきたことです。
Posted by しろ at 2006年05月24日 08:45
takuさん こんばんは。もうTEST明日なのに・・・何もしていない ヤバイです。またここに おじゃましちゃいました(*・・*)
それで、takuさんの「頂いた意見を自分の役作りに生かしたく思いまして」に いたく感動♪ 頑張れない自分ですが、前向きな頑張る方は、大好きです!
それで、一言だけのものや ちょっと方向性がちがっているかも知れない感想もあるのですが、10〜80代の知ってる方に ここをコピーして 、アンケート取りました。
かなり、長いものや???のもありますが、参考になさいますか?
まとめるのが・・・なので、青年座宛にお送りしてもかまいませんか?30人分ぐらいです。
余計なお世話であれば、本来思い込みとおせっかいなためとお許しくださいネ<(_ _*)>

 
Posted by 水蜜 at 2006年05月25日 00:09
皆さん、本当にありがとう。とても参考になります。質問を投げかけてホント良かった〜〜〜!
「やっぱりね」と再確認したこと、「え!?そうか・・」と新発見したこと、有りましたねぇ。でも、もっと聞きたいなぁ。
なので、
水蜜さん。
お願いします。皆さんの意見、聞かせて下さい。

しろさん。
ご指摘、全くその通りなんです!細かい芝居の積み重ねがリアルな芝居を作り上げる!もっと、役者も考えるべきなんです。

バイオレットさん。
ER(マルッチ)、サードウオッチ6(フィニー)やってました。どうでした?

yuriさん、aquaさん、久美子さん。
そう、結局は演技力なんですよね・・・。読んでいるように感じさせちゃ駄目ですよね・・・。全く、その通り!
Posted by taku at 2006年05月25日 03:23
あ〜〜〜おばかでした!
フィ二ーは桐本さんでした。(ごめ愛見れないから全く・・・でした)
フィ二ーは最初からのメンバーでなかったけど、重要な役だったのに・・・サードウォッチを何年も楽しみに見ていたので4月に見終えて今淋しくてたまらないのです。(シリーズが完全に終了して)
初期メンバーからのボスコとヨーカスが好きでした。(軸になっていたし)
6月から5〜6シリーズの再放送があるようなので、気持ちをこめて見ます。
Posted by バイオレット at 2006年05月25日 07:10
takuさん、みなさん今日は
『ごめん、愛してる』が今回吹替えで放送されると聞いて、興味本位に見始めました。私も字幕ですでに見ていますので、どうかなって思っていました。今までにいくつか韓国ドラマを吹替えで見たら、アニメっぽくなっている感じがありました。しかしいい面もあります。字幕と画面をおっていたため、詳しい内容を把握出来ていなかったけれど、吹替えで細かいところまで理解できるようになりました。今回のムヒョク私はいいと思います。takuさんの演じるムヒョクを楽しみに見させていただきます。
これからもどうぞがんばって下さい。
Posted by carrot at 2006年05月25日 09:18
はじめまして。。。
ジソブファンに紹介していただいて、参りました。
ごめんの吹き替えは見れない地域に住んでおります。単純に全ての作品としてお答えさせてください
『違和感を感じる時』
声の質 高音 低音 余りにも本人とかけ離れてる時に感じます
『面白い 良い作品』
良い作品は 美しい日本語の言葉?^^を使い分けてる時。例えば 韓国語で言えばケンチャナヨ(大丈夫?)がその時の場面で適切に訳されて話される時。
面白いのは 方言を上手に取り入れる時。
^^はじめてなのに勝手なことを書いてしまいました。又お邪魔いたします。
宜しくお願いいたしますm(__)m
Posted by hiroshima at 2006年05月25日 10:51
carrotさん。

ありがとう。自分が携わった作品を楽しんでもらえることが一番の栄養剤です!

hiroshimaさん。

声の質の違いは「骨格の違い」に繋がるので、観ていて妙な違和感を感じる場合があるんでしょうね。僕も低い声の人物にアテる時は苦戦します。そして「翻訳(台本)」、これの出来不出来が作品の質に大きく左右してしまいます。頑張らなきゃならんのは役者だけじゃないんですよね・・・。
Posted by taku at 2006年05月26日 01:50
桐本さん おはようございます
ご返事ありがとうございました。そうですね、例え不評であっても吹き替えの場合声優さんのせいだけではないと思っております。
先ず、声に反応してその後は『翻訳(台本)』ではないでしょうか?。もうすぐ友人から吹き替え版の録画が届くので桐本さんのお声楽しみです。
また、書かせていただきますね^^
Posted by hiroshima at 2006年05月26日 07:48
初めまして。
最近ここを見つけ、思わず書き込みしてしまいました。
私が観て思う
『観ていて違和感、つまらない』を感じる時は…
やはり声の雰囲気が合っていない時でしょうか。
声質がどうとかって言うのではなく〜…
その役の存在感とか周りのキャラとのバランスが合っていれば
そんなに違和感は感じないんですが、
それが食い違っていると何か違うな…と言う感じがしてしまいます。
上手く言い表せなくて申し訳ないのですが。
あと…仕方の無いコトだと思うのですが〜
局によって同じ役者さんの声を吹替えている人が違っていたりすると、
この前の人の方が合っていたのになぁ…と思ったりします。
Posted by ラブ at 2006年05月26日 15:57
『これは面白い!良い!』と感じる時は、
やはり訳がわざとらしくなく自然な時や、
きちんと訳されている時でしょうか。
特に韓国語だと"オッパ"と言う言葉…
お兄さんと言う意味もありますが〜
彼や尊敬する人にも使う言葉だそうです。
これが彼氏に対してちゃんと彼と言う意味で訳されていたりすると、
ちゃんと全体の意味を理解して訳されているなと思いますね。

長くなってしまったので、2回に分けて書き込みさせて頂きました。
『ごめん、愛してる』…いつも拝見しています!
昨日、『GOAL!』の吹替え版プレミア上映会も
行かせて頂きました。
スゴく良かったです☆これからも頑張って下さい。
Posted by ラブ at 2006年05月26日 16:00
はじめまして、お邪魔させていただきます。加奈子と申します。
桐本さんの事はERのマルッチ役の演技を拝聴して知りましてファンになりました。
堕ちた弁護士〜やシックスフィートアンダーなどもいつも楽しみに拝見しております。

ご質問に関してですが、私の場合、海外ドラマはまず吹き替えなしを見てから吹き替え版との違いを楽しむという形をとっておりますので、つまらない、違和感あるなぁと感じるのは海外にはない日本の文化や言い回しが使われていたり、英語の訛りが日本版の訛り(大阪弁や東北弁)などに変えられていたりするとそう感じる時があります。
以前にERで患者さんだったかに「山の手のお嬢さん」という所があって、思わず「アメリカに山の手はあるのか?」と思ったことがあります(笑)

面白いや良いと思うのは、舞台となってる国の背景がきちんと表現されていて、その舞台の文化に合わせた訳や吹き替えになっている時でしょうか。
また、吹き替えされていらっしゃる方々の演技が素晴らしい時もそう感じます。
最近ではシックス〜のネイトや堕ちた弁護士〜のニックなどの桐本さんの演技にそう思いましたv

それではこの辺で。長々と失礼いたしました。
これからも応援しておりますので、どうぞお体には気をつけてお仕事なさっていってくださいませ。
Posted by 加奈子 at 2006年05月27日 01:07
加奈子さん。

言い回しの件、僕たちもものすごい違和感を感じる時はあります。翻訳者も精一杯、限られた中で「ピン」ときやすい言葉を探しているようなのですが。

そろそろシックス・フィート第3シーズンからの吹き替え製作が始まりそうな気配です。情報はまたお知らせします。

Posted by taku at 2006年05月27日 18:21
ラブさん。

コメントありがとう。僕が吹き替えをするときは相手の雰囲気や、口の形などキャラクターに気をつけます。上手く掴めれば良い成果を得られるんですよ。
ラブさんに質問。韓国ドラマで「アジョシ?アジュシ?」を色んな場合に使ってますよね?あれ、何でか分かります?
Posted by taku at 2006年05月27日 18:36
二度目まして、お邪魔致します。
桐本さん、お返事ありがとうございました。
長々と失礼な事を書き連ねまして本当に申し訳ございませんでした。
そうですか、現場の役者さん方でも違和感を覚える表現があったりなさるんですね。
吹き替えだからこそ、日本人にわかり易くするのか、はたまたそのドラマの世界を重視するのか現場の皆様のご苦労を思いますと見る側としましても安易に見ず、その辺を踏まえてしっかりと見ていこうと改めて思った次第にございます。

シックス〜の3rdシーズンの収録が始まるのですね!2rdでネイトがバスに乗ったのか大変気になるので本放送楽しみにしたく思います。
情報楽しみにしております。

それではまたも長々申し訳ございませんでした。
Posted by 加奈子 at 2006年05月28日 00:53
はじめまして。
「ごめん、愛してる」で初めて桐本さんを知りこのブログに辿り着きました。
質問をされていたので書き込みさせて頂きます。少しでも参考になると良いのですが。
私は字幕だと文字を追ってしまい、表情とか行動を見逃したりするので吹替えの方が好きです。

『観ていて違和感、つまらない』と感じる時
これは演じている役者のファンの場合は本人の地声に合っていないというのが一番大きな原因になると思います。
私のようにファンでない側から観た場合はまず役者の顔と声に違和感が無いかどうかが一番重要なポイントになります。
村に演技力。演じている役者の表情と声優の演技に違和感がないかどうか。
声優の方は本家の役者が演じた役に更に自分の声で演技をするので、とても大変だと思います。(演技の解釈というのは人それぞれ違うと思うので・・・)
アニメはまっさらなところに声を入れるから自分が感じたまま演じる事が出来るけれど、吹替えの場合はそうはいきませんから。
声と顔のギャップが無い事と演技力。この二つが合えば全然気になりません。
「ごめん、愛してる」は出演されている声優さん皆さん違和感がないのですんなり入っていけます。話がカットされていてもちゃんとストーリーが繋がっていれば大丈夫だと思います。初見の人間にはカットされているかどうかはわからないので気にせず楽しんで見させて貰っています。

『これは面白い!良い!』と思える作品
吹替え版の場合は上で書いたポイントをクリアしてある事が条件です。そしてさらにストーリーがテンポよく見ていて飽きさせなければ更に良いと思います。
自分が観ていてキャラクターとシンクロした時。
観ていてこの人はこう思っているんだろうなという事が、演じている方からも同じように伝わって来た時に感動します。

長々と書いてしまってすみません。自分の書いている事が上手く伝わるか不安です。
少しでも参考になると良いのですが。
これからも健康には気をつけてお仕事して下さいね。
「GOAL」は違うムヒョクとユンを観に劇場に行きます。
それではこの辺で失礼します。
Posted by かなめ at 2006年05月28日 13:17
度々すみません。
>村に演技力。
次に演技力 の間違いです。すみません。
Posted by かなめ at 2006年05月28日 13:20
かなめさん。

ありがとう。参考になります。もっと違和感を感じさせない吹き替えが出来るよ、錬磨します!
Posted by taku at 2006年05月30日 03:32
桐本さん、こんにちは。
お返事ありがとうございました。
『アジョシ』についてですが〜
私も詳しいと言う訳ではありませんが…
ドラマ等を見ている限りでは、
身内の叔(伯)父さんと言う意味でも使いますし、
自分より年上の男性についても使うみたいです。
なのでタクシーの運転手さんに対しても
「アジョシ」と声を掛けたりするとか。
どっちかって言うと日本語で「おじさん」って言うと年配であまり好印象はないですが〜…
韓国では親しみを込めて「おじさん(アジョシ)」と
呼ぶみたいなので〜
色んな場面で使われるんではないかと思いますよ。
だから普通に声を掛ける時にも「アジョシ」と。

『GOAL!』…感動しました〜。
最後のシーンでは思わず涙が…。
パート2,3も楽しみにしてますね☆
Posted by ラブ at 2006年05月30日 13:17
桐本さん こんばんは
友人から『ミサ』の吹き替えを送っていただきました。

感想を述べるつもりでしたが、ごめんなさい
『ミサ』は余りにもジソブを好きになり過ぎて、彼の声が聞こえてきそうです。
冷静な判断ができません。
そんなことで、コメント控えさせていただきます。(^_^;)

でも、素敵なお声で口の動きとは全く違和感なく見ることができました。


Posted by hiroshima at 2006年05月31日 21:54
hiroshimaさん。

真摯なコメントありがとう。でも、そういうものだと思います。自分もアル・パチーノが大好きで誰が吹き替えても本人の声が聞こえますから。ただ、一つお願いです。これからのソ・ジソブを自分以外の誰が吹き替えるかは分かりませんが、「これは!」と思えたときは素直に受け入れてあげて下さいね。お願いします。




Posted by taku at 2006年06月01日 01:14
 桐本さん   おはようございます(^O^)/

恐縮してしまいますわ (>_<)

一つ言い訳させてくださいね。
桐本さんが、どうのと言うのでなく、今後どなたかのお声ならというのではありません。
今まで全て字幕しかジソブを見てなかったので今回がはじめてであったということだけですから。。。

わたくしは、できることなら声優さんは代わらずに一人のほうが良いという考えです。

昔(笑)結構 役者さんと声優さんは決まってましたでしょう?あれは好きでしたよ。
安心して聞いてましたから。。。

だから、ジソブは桐本さんが一番と思っていただけるように祈りますね。
Posted by hiroshima at 2006年06月01日 08:41
どんなことも判断するのは、それにまず向き合ってからだと思います。で、吹き替えの「MISA」私もジソブファンで、関東圏ではない友人や↑↑^^ 遠くの親戚に送り、見てもらっていますヨ。この話を材料に 旧交も温められて嬉しいものでした。
是非は 別として、チャンスは、誰にでもあってほしいと思います。

ここの場所に 決して甘んじていないtakuさんの姿勢を 応援します★ 
Posted by 水蜜 at 2006年06月01日 18:23
hirosimaさん。

祈って下さい。期待を裏切らないよう、またチャンスが巡ってきたときは頑張ります!しかし、ソ・ジソブは本当に良い役者ですね!つくづく感心します!

水蜜さん。

お久しぶりです。僕もコメントチェックは夜中でしかもお酒が入っていたりするの誤字脱字のオンパレードです。反省・・。ゴール、是非!それで、レポートはどこに送って頂いたのでしょうか?劇団ですか?
Posted by taku at 2006年06月02日 02:41
桐本さん 書き込みから推察すれば、まだお休みの時間でしょうか? ^^ 
おはようございま〜す♪

一視聴者の意見にも耳を傾けご返事くださる桐本さんのお人柄にジソブとは又別の魅力を感じております。
まだ4話しか見ていないので最後まで見ると又感想を述べれると思います。
ジソブ=桐本 と言われるよう本当に、祈りますよ。

それから余談ですが、『殺す』という言葉が余りにも多く出てくるのに驚いてます。字幕で見るときには同じ『殺す』でも自分の中で消化??してるのでしょうね。。。声に出して繰り返し使われる『殺す』の言葉の響に改めて、驚いてます。韓国の他のドラマを見ていても割りと簡単に殺すという言葉を使ってるようです。
最近余り日本のドラマを見なくなったので、日本もそうなんでしょうかねぇ。。。。。
Posted by hiroshima at 2006年06月02日 08:17
hiroshimaさん

これは僕個人の思いなんですが、視聴者(観客)と役者は同じ位置にいるんです。「役者は観客が育て、観客は役者が育てる」って感じです。お互いの「思い」を伝え合って、お互いの「質」が高まれば嬉しいじゃないですか。そう思いませんか?

「殺す」という言葉、そう言われれば自分も普通にジョークに混ぜて使ってしまってますね・・・。本当に「殺す」わけ無いのでそれを茶化して大袈裟に言って場を賑わす。日本のドラマやバラエティー等でもよく使われてますよね。でも最近、あまりにも軽くその一線を越えてしまう人間が増えているようで、とても怖いですよね。
Posted by taku at 2006年06月03日 01:30
桐本さん おはようございま〜す♪
朝一番に開いてお返事嬉しく拝見いたしました。しかし。。。hiroshima ふと思ってしまいました。。。わたくしはとっても嬉しいけど、他の方は???入りたくても入れない状態にしてるのでは???私が桐本さんを独り占めしてるようです。^^

***********
みなさぁ〜ん (^O^)/入っていらしてねぇ〜
てな、余談を又書いてしまいましたぁ(^^ゞ

***********
 「役者は観客が育て、観客は役者が育てる」
素敵な言葉です。役者さんとして自分の演技に甘んじないで日々努力されてるであろう姿が伺えるお言葉ですね。なかなかいえない言葉だと思います。
ところで広島は余り舞台を見る機会がないのですけど広島のほうで公演予定はございませんか?是非、桐本さんの舞台を拝見に行きたいです。

***********
毎日納得のいかない理由で殺人が横行しています。
言葉に過敏になってるのかもしれませんね。。。
Posted by hiroshima at 2006年06月03日 09:58
↑hiroshimaさんらしいご心配の仕方で、思わず笑みがこぼれましたよ^^
私より声優という職業に詳しい息子に見せてみました。。。。いわく。。桐本氏の声がかっこよすぎてイメージが違うんじゃないの?
・・・・@@;
思わず、SOJISUBの声は素敵よ!!と言ってしまい、笑われましたが。。。
そういう意味じゃなく、桐本氏の声はクリアー
じゃん!・・・わかった??と言われて、
わかったような、わからないような^^;
あとは、声優に対してのこだわりとかウンチクまで聞かせられ。。。><
最後に、この桐本さんって言う人はこれから韓国俳優の声をどんどん担当することになるよ!
って言っておりました。
声ってすごいですね〜〜。
Posted by aquamarine at 2006年06月03日 16:09
hirosimaさん

お気遣いありがとうございます。僕も、もっとフランクに皆がコミュニケイト出来れば良いなと思い、hirosimaさんの意見を反映し掲示板を作りました。皆さんで楽しんでもらえれば良いんですが・・・。そして、残念ながら広島で舞台をやる機会はなさそうです。でも、もしもの時はお知らせしますね。

aquamarineさん。

息子さん、なんだか凄そうですね・・・。あの・・そのウンチク、少し・・教えてもらえませんか・・・。

Posted by taku at 2006年06月04日 03:06
桐本さん おはようございますと言ってもお昼でした(^^ゞ
土、日は主人に付き合いお昼から我が家はビールです^^ビール片手に主人が焼いたウルメをモグモグ。。。どんな夫婦や。。。(^_^;)

ほろ酔い気分でお気に入りに入れてるのに思わず違うところに入ったかと思いました。(^。^)

わたくしの勝手な意見に耳を傾けてくださり、リニューアル。
本当に、とっても、嬉しいです\(^o^)/
ジソブごめんね ちょっぴり心奪われましたってところです。)^o^( 
広島講演がないのは残念ですが、もしもの時は必ず教えてくださいね、お願いいたします

aquamarineさん(^_^)v  hiroshima余計なことに気を使うタイプなのよねぇ。。。(^^ゞ
でも是非ご子息のウンチクお聞きしたいわ
吹き替えのお墨付き?うれしいわね

アップしてくださいよ〜  m(__)m
Posted by hiroshima at 2006年06月04日 12:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18212657
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。