2006年06月10日

桐本からの質問2

とっても興味深い『お題』を頂きました。本来、僕自身に対しての質問だっ

たのですがこれだけで納めるのがとても勿体無く、もっと広く皆さんの意見

ももらえたら…と思い『記事』として掲載させてもらうことにしました。

勿論、自分なりの考えはあります。

自由な意見を聞かせてください〜(^-^)ノ~~。


         
『俳優と声優はちがうのか?』



僕の意見と、それに対して頂いた「くーろん」さんの意見は、記事『寄っ

て、集って〜』に記載してあります。


posted by taku at 13:47| Comment(31) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
桐本さんのご質問についてですが・・・。
私は正直どちらでも良いと思います。
ちょっと投げやりな言い方にも取られますかと思いますが、そういう事では決してなく、演技されてるご本人がご自身をどう思うかだと思うのです。
私は今まで色々な役者さんとお話させていただいてきましたが、そのお一人お一人で思っているところが違うんですよね。
ある方は「役者、俳優」といい、ある方は「声優」、ある方は「芸能人」、ある方は「芸人」と言いますし、中には「演技を生業にしているけれど俳優や声優などいうにはまだまだだ」と仰る方もいらっしゃいます。
ですから、私は俳優と声優は違うか?という以前に舞台、TVアニメ、ゲーム、洋画、邦画、TVドラマなどで演じるという仕事をされてる方がご自分をどう思っていらっしゃるのかが重要なのではないかと思っています。

俳優であれ、声優であれ、演じるという事においての根幹は変わらないと思いますし、むしろ違いを探すよりは、視聴者としては「演技者」として見ていけば肩書きにとらわれずに純粋に楽しんでいけるのではないかと思います。

纏まりの悪い文章で申し訳ございません。
とりあえず一意見として。


Posted by 加奈子 at 2006年06月10日 16:28
加奈子さん。

収録の合間にスタジオのパソコンで書き込みです(笑)ご意見、有難うございます!やっぱり質問して良かった!自分のあり方を再認識出来ましたよ。僕がこのブログを立ち上げた理由の一つに、視聴者・観客の方々と色んな意見を交し合って進路を見失わないようにしたかった事があります。一人であれこれ考えるより、より多くの客観的な意見に触れたほうが良い考え方が出来ると思ったからです。取捨選択は自分の責任でね。で、今回の質問もその一つで、自分と視聴者・観客の方々との考え方に「ズレ」が有るんじゃないか?有ったら修正したい、と思いまして恐々ぶつけてみた次第です。

しかし、「演技者」と言う言葉は僕が一番好きな言葉なんですよ〜。まだ芝居を始めて間もない頃、大好きな役者のアル・パチーノの書籍で読んだ「俳優と呼ばれるより、役者(演技者)と呼ばれたい」と言う言葉がズ〜〜〜〜ッと今でも、大切に残っていまして。最近になってやっと、なんとな〜くその深い意味が分ってきたような感じなんです。勘違いしてるかもしれませんが・・・(笑)

兎に角、これからも色々な質問を皆さんにぶつけてみるつもりですので、どうぞお付き合い下さい。
Posted by taku at 2006年06月10日 18:43
桐本さん、お返事有難うございます。
桐本さんに良かったと思っていただけたなら本当に何よりにございます。
ちょっと生意気な意見だったかな、と反省しきりでしたので(^^;)
これからも色々な質問、ご遠慮なくぶつけてきてくださいませ!ずっとお付き合いさせていたきたく存じますのでm(__)m

そして、桐本さんの思う(目指す)「演技者」への道を進み続けてください!
私(私たちファン)はずっと応援しておりますのでp(^^)q
Posted by 加奈子 at 2006年06月11日 00:51
遅ればせながら、失礼いたします。

加菜子さんのご意見、確かに一理あると思いました。
>俳優であれ、声優であれ、演じるという事においての根幹は変わらない
それは真実だと思いますし、加菜子さんのような考え方に納得も出来ます。

ですが、私の意見を述べさせていただくなら
自身の表情や体の動きを使って、キャラクターを表現するのが俳優。
自身の声のみで、キャラクターを表現するのが声優。
なのでは無いかと思います。
決して、誹謗や中傷をしたいわけでは無いことを分かっていただいた上で、読んでいただきたいのですが
“声優”が好きな私にとって、俳優さんが声優業に挑戦されると、どこか違和感を感じますし、声優さんがTVに出る事にも違和感を感じます。
中には、山寺宏一さんのように、どちらも両立されていて声優とも俳優とも言いがたい方もいらっしゃいますし、最近、声優と俳優の垣根が無くなって来ているようにも思います。

前記したように、声優さんが好きなので、話は声優さんに傾いてしまいますが、
とある40代の声優さんが、舞台で19歳の少女や、9歳の少女の役をやられたことがあります。
その姿だけを見ていると、かなり笑えるということは想像していただけると思います。
ですが、いざ劇が始まるとすっかりその世界に引き込まれてしまいました。
それが、声優さんの力なのだと感じます。

長くなってしまいましたが、声優業と俳優業とは違うものであり、声優さんが俳優業を、俳優さんが声優業をやられることはあっても、それぞれのお仕事によって、重要視される能力に違いがあるのでは、ないのでしょうか?

“声”だけで全てを表現する声優さんは、すばらしい職業だと思います。
桐本さん!INAKOと一緒に応援していますので、頑張って下さい♪
Posted by INAKOの娘。 at 2006年06月11日 12:52
>INAKOの娘様
はじめまして、こんにちは。
お話拝見させていただきました。INAKOの娘様が仰られる事、よく理解出来ます。
声で多くのことを表現される声優さんは本当に素晴らしいですよね。

ただ、私の文章で誤解がありましたら本当に申し訳ないのですが、私は決して俳優さんと声優さんを否定しているわけではないことをご理解ください。
私は、今まで声優としての活躍が多い方、舞台などでの活躍が多い方などとお話をさせていただいたのですが、上記しましたように、皆さんがそれぞれ思うところが違いますし、演技している上で「声優のくせに〜」や「俳優なのに〜」と言われると本当に辛いというお話も聞きました。
そういったお話を聞いて思いましたのは、視聴者である私達が肩書きのような物にとらわれて演技されている方を見ている限り、その演技される方の演技力などを正しく見れていないのではないか、と思うようになったのです。
ですので、私としましては演技される方を「一人の演技者」として平等に同じ土俵で見ていけば、能力差、感動する感動しないなど、視聴者としてしっかり判断出来るのではないかと思った次第です。

こういうった話題には様々な意見があるかと存じますが、場が何処であろうとも、何かを真剣に表現し、創造していく力を持った演技者の皆様は本当に素晴らしいと思いますので、私たちファンはその表現や創造されたものを純粋に楽しみ、演技者の皆様を応援していくのが大事かなと思います。

INAKOの娘様のお気に障るような発言がございましたら本当に申し訳ありません。

それでは、長文失礼致しました





Posted by 加奈子 at 2006年06月11日 16:18
加菜子様へ

丁寧な返信をありがとうございます。
まずは、決して加菜子様のご意見に不快な点があったわけでも、批判をしたいわけでも無いということをご理解いただきたいと思います。

私個人としては、声優さんと俳優さんには違いがあると考えている。
ということを言いたかっただけですし、そう思う気持ちはあっても、加菜子様のご意見が間違っていると思っているわけではありません。
もちろん、声優さんが俳優業をやることや、その逆を否定しているわけではありません。実際、声優さんの舞台劇も好んで見るわけですから。

加菜子様がおっしゃられるように、この問題にはたくさんの意見があるでしょうし、ファンとして楽しみ、応援していく事が大切なのだと私も思います。
その中で、私のような意見もあるということを伝えたかったので、書き込みをさせていただきました。
声優さんよりの意見になってしまっているように、私自身も感じていますが、大の声優ファンなので多めに見ていただければ幸いです。

こちらこそ、加菜子様にいらぬ気を使わせていまい、申し訳ございませんでした。
自分の意見を文章にして人に伝えるというのは、とても大変ですね。
良い勉強になりました。ありがとうございました。
Posted by INAKOの娘。 at 2006年06月11日 23:56
>INAKOの娘様
こちらこそお気遣いいただきましてすいません(多謝)
本当に文章で色々お伝えするのって難しいなぁと私も勉強になりました。有難うございます。

桐本さんやその他の方々を応援する気持ちは私もINAKOの娘様も他の多くの皆様も同じだと思いますので、様々な意見を持ちつつ時にはその意見をやり取りして、お互いを向上させたりしながらファン同士楽しく応援していけたら良いですよね。
これからもお互い楽しく応援してまいりましょう!(^^)
Posted by 加奈子 at 2006年06月12日 00:21
加奈子さん、INAKOの娘さん。

貴重な御意見、ありがとうございます。
この「テーマ」には様々な解釈からの意見があるだろうと思っています。今回一般の方々から、こういうテーマについての意見を聞かせてもらう事が出来て僕はとても幸運だと思っています。正直、どなたからも返事はもらえない覚悟をしていたくらいですので。
このブログが、お互いを「批判」し合うのではなく「対話」し合える場になり、それらの「前向きな意見」を僕も吸収させてもらえたら・・と思っています。唯の演劇論に収まらない、広い意味でのコミュニケーションを皆さんとして行けたら嬉しいですね〜。
Posted by taku at 2006年06月12日 18:26
やっと、たどり着きました^^
読みながら考えていた事をtakuさんが書いてくださってます。
****************
このブログが、お互いを「批判」し合うのではなく「対話」し合える場になり、それらの「前向きな意見」を僕も吸収させてもらえたら・・と
****************
みなさんでお互いが思う事を書いて意見の交換の場で例え意見が違っても、『批判』と受け止めないで傷つく事もなくどんどん『対話』しましょうよ〜
と、いいつつhiroshima見かけはトドだけど結構傷つくタイプなの。。。わたくしにはお手柔らかにね(^。^)
*****************
演技者。役者。という言葉が好きです。
そのように言われる方が演じた役には愛情が感じられる気が致します。
私は声優と俳優の区別は無くてももいいのではないかと思いますが、どちらか片方だけを専門にされてる方の肩書きには付けてもよいと思います。
声優と俳優の吹き替えの声に関してどちらかが劣るとは考えられません。時として声優を本職とされた方は何時までもお声に張りがあり昔から吹き替えを担当してきた方が画面では随分お歳のお顔なのにお声だけ昔の若い頃そのままな時には逆に違和感を感じることがあります。
私は役者さんは声優(吹き替え)もできなくてはダメだし出来て当然と思いますよ。
だって、ドラマを見ていて画面を見なくても声だけでその場の状況が伝わらなくては変だと思います。
声だけでも演技が伝わる。演技をしている。それが役者さんではないでしょうか?とhiroshimaの意見です^^当然ながら、声優の下手な俳優さんは演技も下手だと思います (>_<)
Posted by at 2006年06月13日 10:11
申し訳ございません。
誤解のないように最後に申し上げさせていただきますが、私は「批判」と思った事は一度もございません。
私の発言が皆様の誤解を招き不快感を催されるものでしたら修正して謝罪をさせていただきたいと思っただけにございます。
私の行為が「批判に対する反撃」と取られますような内容でしたら、重ねてお詫び申し上げ、削除のほどお願いしたく存じます。

今回の私の発言が桐本さんやhiroshimaさん、その他の皆様に「対話」ではなく「批判」のやり取りだと誤解させてしまいました事深く反省しております。また楽しいこの場を汚してしまいましたこと、心よりお詫び申し上げます。
今回の事を深く反省し、今後一切こちらには書き込みなどをせず、皆様にご迷惑をおかけしないように致しますので、何卒お許しいただけましたら幸いにございます。

それでは、どうぞこれからも皆様で楽しい「対話」などをなさっていってください。桐本さん、そして皆様のご多幸を心からお祈りしておりますので。
Posted by 加奈子 at 2006年06月13日 15:22
加奈子さん 直接は、はじめましてm(__)m
(@_@;)ごめんなさい。加奈子さんが言わんとすることが私には解りません。
何がこの場を汚したの?なぜ、何時も謝罪されるの?どうして今後いっさい書き込みしないなんて悲しいことおっしゃるの?
一緒にお話しましょうよ〜(^O^)/ ねっ!

私が傷つけたの?  うーーーーん
鈍感なので、解らない(-_-;)
Posted by at 2006年06月13日 16:14
俳優さんと声優さんは違うのか??凄く難しい質問ですねぇ。うーん、私は演じる者同士だから、同じだと思います。それが、声だけで演じるかその人全体で演じるかの違いですよね。でも、声優さんの方が大変なんじゃないかなっていつも思います。特に吹き替えとかは声だけでその役者の喜怒哀楽を演じる。それを見て、こっちも泣いたり笑ったりするんだから。本当に凄いですよね。
Posted by NAO at 2006年06月13日 17:50
遅ばせながら・・・私も問題(?)に参加させていただいてよろしいでしょうか?
私もNAOさんと同じく、俳優さんも声優さんも演技者ということで区別するのは難しいと思うんです。 声優さんを主に仕事にしている方は、声だけで演技をするのですから、もちろんすごく難しいと思います。声だけで、視聴者に感動を与えたりできるんですものね。(本日の「ごめ愛」では号泣しちゃいましたよ・・)
だから・・と、言って・・・俳優さんを主に仕事としている方が演技に貧しいというわけでもありません。 セリフの無い場面でも顔の表情、体の些細な動きで・・・これまた、観客を魅了できるんです。 どちらもすごい仕事なんだと思います。 で、何を言いたいのか?自分でもわかんなくなってきた(爆)
私の結論(私なりの?)は、俳優と声優は違わない・・ということです^^ 両者とも演技者だから・・が理由(たったこれだけのことなのに、ダラダラとごめんなさい。)
Posted by くっく at 2006年06月13日 20:04

皆さん今晩は。私も参加させて下さい。

声優さんと俳優さんの違いは、演技をするという事は同じでも、声優さんは声で演技を、俳優さんは動きで演技をする事ではないでしょか?

ようするに、極論を言ってしまえば・・・声優さんは声のみで(表情も見せずに)擬音などを含む全てを伝える能力が必要で、俳優さんは動きだけで(声を出さずに)全てを伝える能力が必要なのではないでしょうか?

桐本さんを傷つけるかもしれないけど、ミサの
1話目はムヒョクの声嫌だったんです。韓国版・字幕を何度も見ましたから・・・ごめんなさい。でも、回を重ねるほどにムヒョクと桐本さんの声が合ってきて(聞き慣れたからではないです)
けだるそうな声、優しい声・淋しい声、泣き声、怒鳴り声、苦しい時の呻き声、吐息、全てがムヒョクになっていたと私は思うのです。
だから私にとって桐本さんは声優です。
そして、とても切なく悲しい役ムヒョクを演じたソ・ジソブさんは俳優なのです。彼の表情・動きに心を奪われてしまったのですから。

観る側の感じ方で色々な意見があって良いと思います。

加菜子さん、娘。も気にしてます。加奈子さんに批判されたとか 不愉快になった なんて全く思っていないです。
 >様々な意見を持ちつつ時にはその意見をやり取りして、お互いを向上させたりしながらファン同士楽しく応援していけたら良いですよね。
これからもお互い楽しく応援してまいりましょう!(^^)
 って言ってくれたではないですか。
書き込みしないなんて、悲しい事言わないで下さい。きっと皆、そう思っているはずです。
Posted by INAKO at 2006年06月13日 23:33
>hiroshima様
分かりにくい文章で申し訳ございません。私の文章力ではあれが限界にございますので、どうか気にしないでいただければ幸いです。

>INAKO様
暖かいお言葉ありがとうございます。娘様にもどうかよろしくお伝えください。
また、一切書き込みはしないなどとキツイ物言いになってしまいましてすいませんでした。

自分はまだまだ未熟者で人を思いやったり、人にわかりやすく物事を伝える能力がありませんので、一から勉強し直し、それらの能力をきちんと身につけ皆様と楽しくお話出来るようになりましたら、またこちらに出直しさせていただきたく存じますのでその時はまたよろしくお願いいたします。
Posted by 加奈子 at 2006年06月14日 00:06
加奈子さん

まず、僕の言葉足らずをお詫びさせて下さい。「批判」と言う言葉は決して加奈子さんへ向けたのではありません。僕が伝えたかったのは、ちょっと例えが悪いかもしれませんが「某フリーの書き込みサイト」のようにはならないよう、皆さんと僕とでこの場を作っていきたいと言うことだったんです。「批判」=「某サイト」と言う思い込みで書いてしまったんです(この考え自体が僕の偏見かもしれません)。毎回真摯に書き込みをして下さる加奈子さんにはいつも感謝しているんです。その内容からもとても真摯なお人柄なのだろうと思っています。このサイトを立ち上げて直ぐに書き込みもして下さり、今も尚、この場にいて‘声’を届けて下さることは僕だけではなく他の方々にとっても貴重なんです。僕も先日、個人的なことを感情的にこのブログに書き込んでしまいました。後になってとても後悔したんですが、それを皆さんが暖かく受け入れ励ましてくれてとても嬉しかった。幸いここにはそう言う素敵な方々が集ってくれてます。加奈子さんもそのお1人なんだと僕は思っています。だから、今までと変わらずこの場にいて下さい。必要以上にお気を遣わせてしまったのなら、それは僕に責任があるんですからね。
もし出直しされるにしても、僕は待っていますから。いつでも気軽にこの場に‘声’を届けて下さいね。

僕の思慮足らずの拙い文章が原因で雰囲気を乱してしまったこと、皆さんに深くお詫びします。そして、これからも宜しくお付き合い下さい。
Posted by taku at 2006年06月14日 02:14
みなさ〜ん おはようございま〜す♪

相手を思いやる気持。本当に大切ですよね。
でも、お顔も見ないで文のやり取り。誤解も生じると思います。
気長にお話していきませんか?長く続けて行けばその方のお人柄もわかるようになるし、足りない言葉も読み取れるようになることでしょう。
で、本題に戻します(^。^)
(勝手に仕切るなって?ごめんなさい m(__)m )
『俳優と声優はちがうのか』他のご意見ございまさんかぁ〜〜〜〜(^O^)/
Posted by hiroshima at 2006年06月14日 08:51
難しいことはわかりません
声の仕事に重点を置いている人が声優かと思ってました。声の仕事は動作が見えないので声に全てを込める素晴らしいお仕事ですし、俳優は体全身で表現する素晴らしい仕事ですし私はどちらも好きです。
Posted by しらたま at 2006年06月14日 09:35
連投すみません

たまにしか書き込まない私ですが
皆さんの意見交換とても貴重な場だと思います。
書き込みをやめるとか哀しいことはおっしゃらず、色んな意見を今後もお聞かせ下さい。
人の数だけ考えもあるのですから。そしてみなさんのそれぞれの思いやりから起こった事だと読んでいてしみじみ分かります。
Posted by しらたま at 2006年06月14日 09:42
僕はマイク前で動きまくります(勿論、許される範囲で)。と言うか、動かなきゃ台詞が言えないから自然と身体が動いてしまう。気持ちが出来れば声のニュアンスも自然と出る!と僕は思ってる。気持ちが動いて、身体が動いて、声が動く。でも、「マイクから外れてるぞ!何年やってんだ!」って怒られちゃう、ははは・・。アニメを中心にやってる声優さんは、全く動かずそれなりのニュアンスを出す「術」を持っている(皆ではないけど)それはそれでホント関心してしまいます。声で演じると言う仕事、なかなか奥が深くて面白いですよ!!
Posted by taku at 2006年06月15日 02:54
マイク前で動きまくる桐本さんを拝見したいでーす!
Posted by しらたま at 2006年06月15日 14:42
うん。うん。見たいみたい。
見学ツアーがあれば、hiroshima先頭で旗をもって歩ければいいのですが。。。恥ずかしがり屋なの^^目立たないように最後をついていきます(^_^)v
感情が入ると人間 日常でも身振り手振りになりますよね。静かに動かないほうが不思議〜(^。^)
Posted by hiroshima at 2006年06月15日 21:07
今晩は。うん。うん。うん。私も見てみた〜い★
桐本さんはムヒョクを演じている時、どんな事を思っていたのでしょうか?辛かったですか? 悪趣味かもしれないけど、吹替えしているところを見たかったで〜〜〜〜す。

昨日で「ごめん 愛してる」終ってしまいましたね。涙が止まらないので、タオルを握り締めて見ました。私の耳元で「ごめん 愛してる」って言ってほしい・・・(ムヒョク病なので変なんです)

ここからが 本題です。
フリー百科事典『ウィキペディ(Wikipedia)』で調べました。

 <俳優(はいゆう)とは芸能人の一つで、演劇においてある役を演技する者、あるいはそれを職業とする者のことを指していう。舞台演劇のほかにテレビドラマ、映画などにおいても同様である。同義で役者とも呼ばれる。高名な俳優は名優と呼ばれることがある。

人に非ずと書くことから昔は士農工商の身分外の存在として差別されていた。

ラジオドラマや映画の吹替え、アニメで、声だけで演じる俳優を声優(せいゆう)という。

  ※本項での記述は、主に日本の俳優についての記述である。


 いかがですか?
Posted by INAKO at 2006年06月16日 00:25
そんな見学ツアー出来たら大歓迎!!いつもより多めに動きま〜〜〜〜す(笑)ムヒョクやってる時は感情移入し過ぎて本当に泣きそうになるの堪えるのが辛かったですよ・・。

日本の役者は昔「河原乞食」でしたよね。
僕の師匠はラジオドラマで演技を磨いた方で、声での芝居を大事にしろと厳しく教えてくれました。当時は理解できなかったんですが、今はとてもとても感謝しています。その方は、名古屋の名女優・山田昌さんです。
Posted by taku at 2006年06月16日 01:05
急ぎませんからとお願いしておきながら、ミサの吹き替え録画の続きが待ち遠しい^^
○○さぁ〜ん(^O^)/読んでる??いいのいいの急がないわよ。でも楽しみにしてるからね (笑)
***************
takuさ〜ん(^O^)/ラジオをすっかり忘れてました。
テレビが今ほど普及してない頃役者さんはラジオもやってた?あの頃から声優だけってあったのかしら??
Posted by hiroshima at 2006年06月16日 09:03
青年座さんのページから飛んできました。
このお題に乱入して良いでしょうか?

私は舞台俳優さんで声の仕事をこなしている(?)人は、舞台にいない影声だけでも「存在感がある」と思っています。
声優も俳優も同じ「演技者」いかがでしょうか?

サムシクも楽しみ!
Posted by ちょび at 2006年06月16日 15:20
テレビが無い頃の役者さん達はラジオドラマで、声だけの芝居でもその情景をきちんと表現出来るよう演技力を磨いたそうです。「声優の原点ここに有り」と言う気がします。第一、声優というジャンルを築き上げた第一世代の役者さん達の殆どが舞台役者さんですから!

ちょびさん。

サムシク、楽しんでもらえるよう頑張りますから!
Posted by taku at 2006年06月17日 02:03
こんにちは。私も参加させて下さい。
桐本さん、感動を有難うございました。
ごめん、愛してるの最終回は涙、涙でした。

俳優と声優の違い。
私は本は一緒のものだと思っています。
桐本さんも書かれていましたが、TVのない頃は俳優が演じたドラマがラジオで流れていました。
薔薇座で那智さんらが活躍している時、舞台のかたわら声のみの仕事をやり始めました。
今では声優としてのみ活躍する場が増えたので、俳優・声優と区別するようになったのだと思っています。
声優で活動していても舞台に立っている人もいますし、俳優で活動していてもアニメや外画で声を演じる人もいます。(細かい事を言えば舞台中心の俳優とTVドラマ中心の俳優は演じ方が違うのですが。)
最近はTVドラマ、舞台、吹替えにタレントやアイドルというジャンルの人も参入して来ています。
立場こそ違えど演じる事にかわりはありません。どんなジャンルの人でも演技をする人はアクター・演じる者だと思っています。
ただ残念な事にやはり専門にやっている人達には叶わないのだなとは思います。
声だけで表現する。これは本当に難しいのだと思います。(以前大御所の俳優が難しいと話していました。)

偉そうに書いてしまってすみません。自分の考えが上手く伝わると良いのですが。
桐本さんより年上で何でも観たり聴いたりする主婦の独り言だと思って下さい。
次回作も目白押しなのでチェックを怠らないよう作品を拝見させて頂きます。
健康には気をつけて下さいね。
これからの活動を影ながら応援させて貰います。
失礼致しました。
Posted by かなめ at 2006年06月17日 07:04
(-_-;)うーーーん
ますます私の中では、区別する必要は無いような気がする。。。
Posted by hiroshima at 2006年06月17日 12:00
うーーーん、難しい話題ですネ。。
あんちょこかもしれませんが、見えてるか見えてないか・・・だけじゃ。。
声優さんも見えないけど、きっと表情は演技してる訳だし・・
感情移入して、表現する点は同じなのではないかと思います。
 学生の頃、演劇を少しやっていました。
その時、何度も何度も本読みをして、そこに動きを付けていきました。
声優さんは、その動きがすでに用意されてるだけの話なのではないのかな?
 生意気な事言って、すみません。
でも、これが正直な意見デス^^
Posted by odeko at 2006年07月27日 18:21
odekoさん

コメントありがとう。その通りだと思います。
ただ、某・超有名声優さんはマイク前だと自由に芝居を“動かせる”ノに、舞台に立つと自分が動けなくなる、と言ってました。やはり両者には何か違う領域があるようです。
Posted by taku at 2006年07月27日 18:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。