2012年03月11日

3月11日


今日は、

あの震災から一年目の日。

あの日から間違いなく、

この国は変わった。

私達も変わった。


疑心暗鬼。


確固たる足場が崩れてしまった。

この国はこんな国だったのかと、

改めて思い知らされた。


本当に信じられるものは何なのか…?


これからは、皆が、

個力を尽くして生きていかなければならない。


被災地で未だに苦しんでおられる方々。

心よりお見舞い申し上げます。

そして亡くなられた多くの方々。

心よりご冥福をお祈り致します。
posted by taku at 15:04| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記なコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
目を疑い、覆いたくなるような惨事から一年なんですね。。。

とても此処にかかけない気持ちが一杯
国って。。。
政治って。。。

  。。。。。。。。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。
Posted by Hiroshima at 2012年03月11日 19:15
一年があっというまに感じられましたね
前になんて一歩も進んでいないような…

冥福をお祈りします
Posted by 正美 at 2012年03月11日 22:02
昨日は地震から1年経ちましたが...問題は山のように残っていると思います

被災地の方の現状の暮らしが当たり前.瓦礫が残っていて当たり前.放射能や原発の危機感が薄れてしまう...ただ時間が過ぎただけで国を指揮する人達が動いてくれなければそうなってしまう気がします

被災された方はもちろん.脱原発活動の方の中には地震のことも含め強くあり続けると思います。でも.報道でしか知らない方にはどうでしょう...国がどんどん先頭をきって行動に移してその変化を国民に伝えることが出来ていない現状が悲しいです。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。
Posted by なつみ at 2012年03月12日 10:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/257004518
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。