2007年02月10日

コミュニケーションセミナーへ

今日、心理学の勉強を兼ねて

『コミュニケーション・セミナー』へ参加した。

『交流分析』というジャンルのセミナーへ。

この講座を担当した女性講師の方は有名なセラピストで、

これぞ“プロ”という様を見せてくれた。

とにかくその居住まいが素晴らしかった!!

朝9時半〜夕方6時頃まで、

途中お昼と合間合間10分程度の休憩以外は休み無く、

でも辛そうな素振りひとつ見せず、立つ姿勢も崩さず、

受講生には難しい内容もとても解りやすく、

ユーモアを交えて話してくれた。

『交流分析・コミュニケーションセミナー』などと聞くと、

堅苦しい感じだが、会場には終始笑いが溢れていた。

まさにこの講師が“コミュニケーションの達人”だった。

今日1日、このセミナーで学んだ事をここに書くには、

盛り沢山過ぎて無理なので、中でも1番印象に残った事を1つ。

それは『快刺激』を与えられる

人になれと言うこと。

この『快刺激』とは、

大きく言えば

【相手(存在)を認める・受け入れる】で、

細かく言えば

【気持ちよく相手に、自分から挨拶をする】

【励ましてあげる】

【素直にお礼を言う】
等々、

そんなこと当たり前と言えばそれまでの諸々な事。

ここに書き切れない事も沢山あるけど、

所謂

“相手へのプラスのストローク”をいつも心懸ける事が、

円滑なコミュニケーションを生む大事な要因だと言われた。

心理学的にも人間は『快刺激』に向かって動くものらしいから、

とても大切な事なのだろう。

そう言われていざ自分を振り返ってみると、

『快刺激』を与え切れていないなぁ・・・と、

つくづく反省してしまった。

しかし、この女性講師は見事にそれを体現していて、

そこにいた皆が確かに彼女へと“向かって”いた。

コミュニケーションの難しさと楽しさを改めて実感でき、

達人の技を目の当たりに出来た素晴らしいセミナーに参加出来、

とても有意義な1日だったと思う。

これからももっと“コミュニケーション”を学びたい。
posted by taku at 01:42| Comment(5) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

ありがとう!!!

今年もラストまでのカウントダウンが始まったこの時期、

とても嬉しい事があった。

実は先日、バイクのキーを落としてしまったのだ。

バイクを駐めて、少し離れた店で用事を済まし、

再び移動しようとしたらキーがない!

ポケットや鞄や、店、歩いた道、全てを隈無く探したけど、

結局、何処にもなかった。

どうしたのかどんなに思い出そうとしても、全くダメだった。

スポンと記憶が抜けていて・・・。

恐らく、他事を考えながらキーを扱っていたからだろう・・・。

諦めて、サブ・キーをなんとか手配して一応事無きを得たが、

お気に入りのキーホルダーごと他のキーも一緒に無くしてしまって、

ブルーな気持ちはずっと引きずったままになっていた。


ところが、そのキーが見付かったのだ!!!


拾ってくれた方が、

付けてあったバイク屋のプレートを見てわざわざ店へ電話をしてくれて、

僕を特定したバイク屋が連絡を入れてくれた。

そしてその方はバイク屋に、

「○○交番へ届けておく」

と、伝言を残しておいてくれたから、

僕はその交番へ出向き、

果たして無事に受け取ることができたと言う次第。


嬉しかった。


その方の親切な行為と、想像力に感謝感激した。

その方は、見知らぬ人間が困っている様を、

“想像”し“察し”て

下さったんだろう。そして、助けてあげようとして下さった。

その方が自分の時間を見知らぬ人間の為に使って下さった様を

“想像”すると、

僕は何とも言えず嬉しくて、暖かい気持ちになれた。


例え小さな事のような人の痛みでも、

それを“想像し、察し”て力を貸してあげることが、

とても大きな喜びとなって伝わっていくものなんだろう。

今更ながら、今回の一件でつくづく思い知った。

ついつい疎かにしてしまいがちな自分を反省もした。


今回、届けて下さった方の希望で連絡先等は明かされなかった。

でもお礼は言いたい。

このサイトを見られる可能性はゼロに近いかもしれないが、

この場を使って、その方に感謝の気持ちを伝えたい。


ありがとうございました。
posted by taku at 01:39| Comment(5) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

色々な、答え・・・。

人と人が真っ当にコミュニケーションを交わすって、本当に難しい。

最近、自分に特別大きな事件があったからこんな事をマジマジと考える訳じゃなく、

元々コミュニケーション下手な自分はフッとした瞬間につい考えてしまう。

子供の頃はそんなこと全く意識せず楽しく周りとやれていたのに、

歳を重ねる毎に不器用にしか振る舞えない事が随分増えた。

それを話すと、

「ええ〜、そんなふうには見えないよ〜」

なんて、ありがたい(?)お言葉を頂く事が多いが、

本当にどう振る舞ったら良いのか解らなくなる事がしょっちゅう有った。

(と言うか、いまだに有るけど・・・)

その度に友達と話したり、本屋に駆け込んでその類の本を読み漁ったり。

でも結局は自分で何らかの答えを出して取り敢えず進むんだけど、

また、壁にぶつかって。

で、必死に答えを探して・・・、また、ぶつかって・・・。

その繰り返し。

“どんどん小さくなる自分”を感じたりもした。

だから今思えば、

僕が芝居にのめり込んだのは、その当時に出した答えの1つだったと思う。


“自分”を思いっきり出しても良い場所がそこに有ったから。


なんで今こんな事書いてるかと言うと最近の様々な出来事を見聞きして、

これから益々、

コミュニケーション能力の重要性が問題になると思ったからで。

学者や評論家じゃないから難しい事は言えないけど、

その能力が不十分な人間が増えて、

“とても生き辛い世の中”になっちゃうだろう・・・。

僕自身がそうだからとても実感がわく・・・。


だから最近、『真っ当なコミュニケーションって・・・?』

と言うお題が頭の中をグルグル回ってて、

『何かしらの答え』を見付けたくて、右往左往してしまう。


ただ、1つ、解ってる事はある。

それは、

自分が身を置いてる『芝居』って結局は、

『人間同士のコミュニケーションの衝突云々を、

手を変え品を変え“表現”としてお客さんに観せてるに過ぎない』

んだから、

自分はもっと『コミュニケーションそのもの』を掘り下げて、学んで、

理解する必要があると言うこと。

コミュニケーション下手な自分には大変な課題だろうけど・・・。

でも、その答えを見付けて、他の人達に還元出来たらなぁ・・・。

出来たら良いだろうなぁ・・・。

出来るように、ちょっとやってみよう・・・。



これが、最近何となく出た答え。


posted by taku at 23:35| Comment(8) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

桐本からの質問2

とっても興味深い『お題』を頂きました。本来、僕自身に対しての質問だっ

たのですがこれだけで納めるのがとても勿体無く、もっと広く皆さんの意見

ももらえたら…と思い『記事』として掲載させてもらうことにしました。

勿論、自分なりの考えはあります。

自由な意見を聞かせてください〜(^-^)ノ~~。


         
『俳優と声優はちがうのか?』



僕の意見と、それに対して頂いた「くーろん」さんの意見は、記事『寄っ

て、集って〜』に記載してあります。


posted by taku at 13:47| Comment(31) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

皆で!寄って、集って…しょう!!

もっと多くの皆さんにここを楽しんでもらいたくて、プロ(実はマネージャ

ー)の手を借りて『掲示板』を作りました!頑張ったけどやっぱり自分1人じ

ゃ出来なかった〜(T-T)。そして更に頑張って(マネージャーが!)デザインも

変えられた〜\(^O^)/

梅雨時にはこのデザインの方が気持ち良いし!でしょ?

と言うわけで皆さ〜ん!

気軽に、楽しく、自由にコミュニケーションし合

いましょ〜(^O^)/


【但し、雰囲気を壊す内容・広告宣伝の類いは管理人の権限で削除させて頂きます】
posted by taku at 20:25| Comment(24) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。